ドクターズ株式会社、山陰パナソニック株式会社の「子育て支援/女性支援アプリ」の開発基盤としてDoctors Station®を提供
〜 山陰パナソニックのヘルスケア事業立案から開発までワンストップでサポート 〜

デジタルヘルスサービスの開発支援、流通・販売、医療連携型オンライン医療支援プラットフォームをワンストップで提供する、ドクターズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO: 柳川 貴雄、以下ドクターズ)は、山陰パナソニック株式会社(本社:島根県出雲市、代表取締役社長: 渡部 幸太郎、以下山陰パナソニック)が新たなヘルスケア事業として展開する、妊娠や子育て・女性のヘルスケアライフに関して、検診管理から医療相談、専門医への連携・診療までを一気通貫で実現する医療支援アプリの開発基盤としてDoctors Station®を提供することを発表いたします。

この新しい医療支援アプリは、地域に根差した事業展開により社会課題の解決に向き合ってきた、山陰パナソニックの知見やノウハウ、ドクターズが提供する医療現場の医師の視点に立った本質的なデジタルヘルスサービスを実現するためのオンライン医療チーム・医療DXプラットフォーム・医療運用オペレーションを融合することで、超高齢社会における出生率の低下や女性の働き方、地域の人口減少といった社会課題の解決に対応した本質的な医療支援アプリを開発し、様々な企業や自治体のほか、一般ユーザーへの利用を促進することによって、課題解決に寄与します。

 

図)山陰パナソニックがドクターズによる支援のもと開発するヘルスケアアプリの画面イメージ(仮)
図)山陰パナソニックがドクターズによる支援のもと開発するヘルスケアアプリの画面イメージ(仮)

 

背景として、出生率の低下に伴い少子化が進むなか、妊娠や子育てをめぐる環境は厳しく、子育てに不安や孤立感を覚える家庭は少なくありません。また、仕事と子育てを両立できる環境の整備が必ずしも十分でないこと等が問題となっています。そうした状況において、子供が欲しいという希望をかなえられない人も多く存在します。さらに、仕事と育児・介護等との両立のニーズが高まる中、女性がより活躍しやすい環境構築が重要です。
こうした課題を解決するため、山陰パナソニックは妊娠・出産・子育て支援に特化した本質的な子育て支援アプリと働く女性を支援する様々な情報の配信や、月経等の体調管理、女性特有の検診管理等が行える女性支援アプリを同時リリースいたします。ドクターズはこのアプリケーションの開発にあたり、オンライン医療支援プラットフォームであるDoctors Station®を提供し、妊娠・子育ておよび女性特有の健康にまつわる初期相談から、オンライン診療のアレンジメント・予約、ビデオ通話によるオンライン診療~処方箋の送付および処方薬の配送という全ての流れをワンストップで行う仕組みを実現します。

 

■医療支援アプリの概要
① 「子育て中の医療」に特化したオンライン医療支援アプリ
子供の健康不安の緩和や育児疲れの心のケアをトータル支援し、不安や孤独を解消することで、すこやかな子育てをサポートします。

【機能】

1) 医療支援:母子手帳、予防接種、妊婦健診、成長記録、医師とのオンライン医療相談
2) 診療・治療:オンライン診療、処方箋発行、お薬受け取り(連携薬局より)
3) 情報・交流:医師が選定する子育て情報、医師監修の子育てコミュニティ

 

② 「女性のための医療」に特化したオンライン医療支援アプリ
働く女性が自分らしく生きるための健康生活をサポートします。

【機能】

1) 医療支援:基礎体温管理、生理日記録と予測、婦人系検査の管理と記録、医師とのオンライン医療相談
2) 診療・治療:オンライン診療、処方箋発行、お薬受け取り(連携薬局より)
3) 情報・交流:医師が選定する女性特有の情報、医師監修の女性コミュニティ

ドクターズはこれらのアプリに対し、「オンライン医療チーム」「オンライン医療システム」「オンライン医療オペレーション」を兼ね備えたDoctors Station®を活用して開発を行うことで本質的な医療課題解決を目指します。


■Doctors Station®とは

Doctors Station®は、医療セキリュティやコンプライアンスに準拠したクラウドシステムをベースとした、下記の3つの特長を一括で提供するオンライン医療支援プラットフォームです。

【Doctors Station®の特長】

(1)オンライン診療やオンライン医療相談の経験豊富なエキスパート医師をはじめとした医療チーム
(2)多数のオンライン診療対象患者に対応可能な可用性・拡張性の高い医療DXプラットフォーム
(3)様々な疾患や診療科に柔軟かつ迅速に対応可能な医療運用オペレーション
※オンライン診療は医療機関との連携により実施しています。
図)オンライン医療支援プラットフォームDoctors Station®の特長

Doctors Station®は、これらの特長を持ったオンライン医療支援サービスを、企業や自治体等の要望に合わせてカスタマイズして提供することが可能です。今回の山陰パナソニックとの取組みにおいても、山陰パナソニックの新サービスに合わせたカスタマイズを行います。

■Doctors Station®について
https://prd2.doctors-inc.jp/cms/renew21/service/doctors-station


会社概要

【山陰パナソニック株式会社 概要】
会社名:山陰パナソニック株式会社
代表者:代表取締役社長 渡部 幸太郎
本 社:〒693-0004島根県出雲市渡橋町416番地
ウェブサイト:http://sanin-panasonic.jp/

 

【ドクターズ株式会社 概要】
会社名:ドクターズ株式会社
代表者:代表取締役社長兼CEO 柳川 貴雄
本 社:〒105-0011東京都港区芝公園2-3-6 PMO浜松町II 5階
設 立:2016年9月
事業開始:2019年10月
事業内容:独自のガイドラインに基づく現役エキスパートドクター*のネットワークを活用し、デジタルヘルスサービスの事業化支援「Doctors Cloud®」、医療DX・デジタルヘルス総合支援サービス「Doctors Next®」、医療連携型オンライン医療支援サービス「Doctors Station®」等を提供。
*エキスパートドクター:医師としてトップクラスの臨床現場での経験と実績を持ち、デジタルヘルスや医療DXに積極的な姿勢を持つ医師のネットワーク。専門医を中心とする600名以上の医師が参加しています。
ウェブサイト:https://prd2.doctors-inc.jp/cms/renew21

 

【お問い合わせ】
ドクターズ株式会社
担当:原田 真希
TEL:03-6263-8871
Email:info@prd2.doctors-inc.jp

『第55回日本てんかん学会学術集会(仙台)教育講演4』にて、弊社代表柳川が9月20日(火)11:15より講演を行います。

少子高齢化ならびにウィズコロナ時代において、デジタルヘルス開発が一気に加速しています。一方、実際の医療現場において本質的に役立ち、活用されているデジタルヘルスサービスはほんの一握りであり、一部サービスが限局した医療機関にて利用されているにとどまっている状況です。

本講演では、現役医師として、そしてヘルステック企業CEOとして、数多くのデジタルヘルスサービスの創出を支援してきた柳川が、その実績を基に、日本初の「デジタル病院 プラットフォーム」について語ります。

是非、日本てんかん学会へご参加される際は、教育講演4をご覧ください。

 

日時:2022年9月20日(火)11:15~11:45
会場:仙台国際センター 第4会場 展示棟会議室1
タイトル:日本初の「デジタル病院 プラットフォーム」について
講師:ドクターズ(株)代表取締役社長兼CEO
日本脳神経外科学会専門医 (一社) IoMT学会 創設者・理事
柳川 貴雄

 

学会:第55回日本てんかん学会学術集会
https://www.c-linkage.co.jp/jes55/

ドクターズ株式会社、日総工産株式会社と資本業務提携し デジタルヘルスを活用した、新たな「医・人・働」サービスの開発に着手
〜 オンライン医療時代に向けた医療DX領域の新事業を展開 〜

デジタルヘルスサービスの開発支援、流通・販売、医療連携型オンライン医療支援プラットフォームをワンストップで提供する、ドクターズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO: 柳川 貴雄、以下ドクターズ)は、日総工産株式会社(本社:神奈川県横浜市港北区、代表取締役社長執行役員兼CEO: 清水 竜一、以下日総工産)と資本業務提携し、ドクターズのオンライン医療支援プラットフォームDoctors Station®を始めとするデジタルヘルスソリューション群を活用した、日総工産の新しいヘルスケア/ヘルステック領域における「医・人・働」サービスの開発に着手したことを発表いたします。

本資本業務提携により、ドクターズが提供する医療現場の医師の視点に立った本質的なデジタルヘルスサービスを実現するためのオンライン医療チーム・医療DXプラットフォーム・医療運用オペレーションと、日総工産が培ってきた、総合人材サービス分野でのノウハウを融合することで、医療関連施設や医療・ヘルスケア関連企業のための新しい医療DX型人材活用サービスを事業化することを目的とし、両社は協業を推進していきます。

 

図)資本業務提携で取り組む新しい医療DX型人材活用サービス提供のイメージ

 

■背景
IoT、AIといった技術⾰新を背景に、医療分野においても医療機関内で取得するデータに加え、診療と診療の間にあたる日常⽣活のデータを収集しそのビッグデータ解析を行うことで、新たなデータ活⽤を行う動きが加速化しています。デジタルヘルスサービスによってデータを収集・活用して未病や治療成果向上を⽬指す取組みも活発化しており、多くの企業が予防・モニタリングへの活用を含めた新しいデジタルヘルスサービスの開発を進めるとともに、病院やクリニックといった医療機関では、それらを活用するための医療DXへの取組みが始まっています。しかしながら、これらの企業と医療機関のどちらにおいても、医療×デジタルに関する豊富なノウハウを持ち、プロジェクトを成功に導く人材が不足しており、医療DX人材の供給が課題となっています。

こうした課題を解決するため、ドクターズは日総工産の総合人材サービス分野でのノウハウに、Doctors Station®を活用した医療DXのノウハウを組み入れることで、医療関連施設や医療・ヘルスケア関連企業のための新しい医療DX型人材活用サービスを構築してまいります。

Doctors Station®は、医療セキリュティやコンプライアンスに準拠したクラウドシステムをベースとした、下記の3つの特長を一括で提供するオンライン医療支援プラットフォームです。

【Doctors Station®の特長】
(1)オンライン診療やオンライン医療相談の経験豊富なエキスパート医師をはじめとした医療チーム
(2)多数のオンライン診療対象患者に対応可能な可用性・拡張性の高い医療DXプラットフォーム
(3)様々な疾患や診療科に柔軟かつ迅速に対応可能な医療運用オペレーション
※オンライン診療は医療機関との連携により実施しています。

 

図)オンライン医療支援プラットフォームDoctors Station®の特長

 

Doctors Station®は、これらの特長を持ったオンライン医療支援サービスを、企業や自治体等の要望に合わせてカスタマイズして提供することが可能となっており、今回の日総工産との取組みにおいても、日総工産の新サービスに合わせたカスタマイズを行います。

ドクターズは日総工産と共に、今後も”オンライン医療チーム支援と医療現場体制構築とオンライン医療支援のシームレス化”により、医療DXに貢献する様々な事業展開をすすめてまいります。

 


 

■日総工産について
会社名:日総工産株式会社
代表者:代表取締役社長執行役員兼CEO 清水 竜一
(東証プライム上場)
本 社:〒222-0033神奈川県横浜市港北区新横浜1-4-1日総工産新横浜ビル
上場証券取引所:東京証券取引所 プライム市場
ウェブサイト:https://www.nisso.co.jp/

 

■Doctors Station®について
https://prd2.doctors-inc.jp/cms/renew21/service/doctors-station

【ドクターズ株式会社 概要】
会社名:ドクターズ株式会社
代表者:代表取締役社長兼CEO 柳川 貴雄
本 社:〒105-0011東京都港区芝公園2-3-6 PMO浜松町II 5階
設 立:2016年9月
事業開始:2019年10月
事業内容:独自のガイドラインに基づく現役エキスパートドクター*のネットワークを活用し、デジタルヘルスサービスの事業化支援「Doctors Cloud®」、医療DX・デジタルヘルス総合支援サービス「Doctors Next®」、医療連携型オンライン医療支援サービス「Doctors Station®」等を提供。
*エキスパートドクター:医師としてトップクラスの臨床現場での経験と実績を持ち、デジタルヘルスや医療DXに積極的な姿勢を持つ医師のネットワーク。専門医を中心とする600名以上の医師が 参加しています。
ウェブサイト:https://prd2.doctors-inc.jp/cms/renew21

 

【お問い合わせ】
ドクターズ株式会社
担当:舘谷(たちや)
TEL:03-6263-8871
Email:info@prd2.doctors-inc.jp

ドクターズ株式会社、大阪府へオンライン医療支援プラットフォームDoctors Station®を一括提供 月間150,000名規模のオンライン診療に対応
〜大阪府の新型コロナウイルス感染症の 若年軽症者オンライン診療スキームの運用を受託〜

デジタルヘルスサービスの開発支援、流通・販売、医療連携型オンライン医療支援プラットフォームをワンストップで提供する、ドクターズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO: 柳川 貴雄、以下ドクターズ)は、大阪府が令和4年8月3日に開始した、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の若年軽症者オンライン診療スキームに対し、ドクターズのオンライン医療支援プラットフォームDoctors Station®を提供し、月間150,000名規模のオンライン診療に対応した運用を開始したことを発表いたします。

 

図)Doctors Station®を活用した、大阪府新型コロナウイルスオンライン診療ステーションの画面

 

新型コロナウイルス感染症の第7波の到来を受け、1日の新規感染者数が2万名を超え、感染拡大が続いている大阪府では、府内在住の20~49歳の若年軽症者を対象として、抗原定性検査キットによる判定を推し進めるとともに、陽性判定となった場合には、無償でオンライン診療が受けられるしくみを開始しています。比較的重症化リスクの低い若年層が、医療機関の発熱外来を受診せずに、無償でオンライン診療が受けられるようにすることで、重症化リスクの高い高齢者や子どもの受診機会を確保することが目的です。

この目的を達成するため、ドクターズは大阪府との業務委託契約を締結し、ドクターズのオンライン医療支援プラットフォームであるDoctors Station®を活用して、陽性判定後の初期相談から、オンライン診療のアレンジメント・予約、そしてビデオ通話によるオンライン診療~処方箋の送付および処方薬の配送という全ての流れをワンストップで行うしくみを構築いたしました。

Doctors Station®は、医療セキリュティやコンプライアンスに準拠したクラウドシステムをベースとした、下記の3つの特長を一括で提供するオンライン医療支援プラットフォームです。

 

【Doctors Station®の特長】

(1)オンライン診療やオンライン医療相談の経験豊富なエキスパート医師をはじめとした看護師・薬剤師等の医療チーム
(2)多数のオンライン診療対象患者に対応可能な可用性・拡張性の高い医療DXプラットフォーム
(3)新型コロナウイルス感染症をはじめとする様々な疾患や診療科に柔軟かつ迅速に対応可能な医療運用オペレーション
※オンライン診療は医療機関との連携により実施しています。

 

図)オンライン医療支援プラットフォームDoctors Station®の特長

 

Doctors Station®は、これらの特長を持った様々なオンライン医療支援サービスを、自治体や企業等の要望に合わせてカスタマイズして提供することが可能で、今回の大阪府の取組みにおいても、本スキームに合わせたカスタマイズを行った上で、短期間でのスピーディな立上げと、安定した運用を実現しました。今後は、Doctors Station®をベースとして、他の自治体に対しても、個別のニーズに合わせた最適なオンライン診療スキームを構築し、運用を行ってまいります。

 

日本国内では現在も、新型コロナウイルス感染症に対する診療体制構築は、様々な背景から医療専門職の迅速かつ継続的な確保が難しい状況です。ドクターズでは、新型コロナウイルス感染症の患者さんのみならず、地域医療の最前線で医療に当たられている医療従事者の皆様、保健所等の自治体・行政機関で働く方々の役に立ち、ひとりでも多くの患者さんが救われるよう、エキスパート医師をはじめとした独自医療ネットワークと連携したオンライン医療支援プラットフォーム「Doctors Station®」を駆使して、この未曾有の事態に対応し、様々な自治体や企業等への提供を加速していきます。

ドクターズは今後も”オンライン医療チーム支援と医療現場体制構築とオンライン医療支援のシームレス化”により、COVID-19の最前線に貢献してまいります。

 

 

参考リンク

■大阪府の「若年軽症者のオンライン診療受付について」
https://www.pref.osaka.lg.jp/kansenshoshien/jitaku_ryouyou/index.html#touroku
■-大阪府新型コロナウイルスオンライン診療ステーション- Powered by Doctors Station®
https://osaka.doctors-station.com/
■Doctors Station®について
https://prd2.doctors-inc.jp/cms/renew21/service/doctors-station

 

【ドクターズ株式会社 概要】
会社名:ドクターズ株式会社
代表者:代表取締役社長兼CEO 柳川 貴雄
本 社:〒105-0011東京都港区芝公園2-3-6 PMO浜松町II 5階
設 立:2016年9月
事業開始:2019年10月
事業内容:独自のガイドラインに基づく現役エキスパートドクターのネットワークを活用し、デジタルヘルスサービスの事業化支援「Doctors Cloud®」、医療DX・デジタルヘルス総合支援サービス「Doctors Next®」、医療連携型オンライン医療支援サービス「Doctors Station®」等を提供。
*エキスパートドクター:医師としてトップクラスの臨床現場での経験と実績を持ち、デジタルヘルスや医療DXに積極的な姿勢を持つ医師のネットワーク。専門医を中心とする600名以上の医師が 参加しています。
ウェブサイト:https://prd2.doctors-inc.jp/cms/renew21

【お問い合わせ】
ドクターズ株式会社
担当:医療部門責任者 西山
TEL:03-6263-8871
Email:info@prd2.doctors-inc.jp

ドクターズとキヤノンITSがデジタル医療・ヘルスケアへの参入企業を支援する「デジタルヘルス開発支援プロジェクト」を開始 ~【医療×IT】で事業企画から開発、流通、事業展開までをワンストップで支援~

医療DXを事業領域として、開発・流通やオンライン医療支援を提供するドクターズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO: 柳川 貴雄、 以下ドクターズ)と、キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下キヤノンITS)は、デジタルヘルスに取り組む企業への共同支援をさらに加速させるべく、事業化に向けた学び、企業間コラボレーション、検討、および実践などを総合的に支援する「デジタルヘルス開発支援プロジェクト」を2022年5月20日より開始します。

図1:​「デジタルヘルス開発支援プロジェクト」での取り組み内容

 

近年、超高齢社会の到来や新型コロナウイルス感染症の発生などにより、医療やクラウドを用いたデジタルヘルスサービスを開発し、新たな市場に新規参入しようとする企業が増加しています。しかしながら、医療情報を扱うクラウドサービスは、医学の見地からのエビデンスやレピュテーションリスク、医療機器認証取得や医療情報ガイドラインなどの法規制対応といった医療に特有の大きな障壁があることも事実です。

「デジタルヘルス開発支援プロジェクト」では、デジタルヘルス分野に新規参入を試みる企業が、医療の本質に即し、3省2ガイドライン※などに準拠したデジタルヘルスサービスを新たに展開することを支援します。ドクターズは、専門医を中心とした600名超のエキスパート医師の知見を活かし、臨床現場目線で企業の取り組みを企画・提案します。また、キヤノンITSは公認情報セキュリティ監査人、Cloud Security審査員、医療情報システム監査人補などのセキュリティやアマゾン ウェブ サービス(以下AWS)などのクラウドに関する高度な専門性と確かなIT技術により、クラウドを活用したサービス設計・開発・運営を支援します。両社の強みを最大限に発揮し、医療現場のニーズに直結する有用性の高いデジタルヘルスサービスを実現します。

ドクターズとキヤノンITSは、本協業によるデジタルヘルスに取り組む企業への支援や活動を通じて、医療現場の声と乖離のない真のデジタルヘルスサービスの創出支援を行い、日本医療の発展に寄与してまいります。

 

※ 厚生労働省・経済産業省・総務省が2019年に策定した下記2つのガイドライン
厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000516275.html
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000516275_00002.html
総務省・経済産業省「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/teikyoujigyousyagl.html

 



<デジタルヘルス開発支援プロジェクト 概要>

1.医療DX講演会/定期開催
デジタルヘルスの最先端をいく企業による講演を通じて最新動向や技術、事業化のヒストリーを学ぶ講演会を開催

2.医療DX Forum/年1回開催
デジタルヘルスに取り組む企業同士の商談・講演会をリアル開催

3.デジタルヘルス開発相談会/随時開催
デジタルヘルスに精通したドクターズとIT技術を有するキヤノンITSが企業に対して個別相談会を実施

4.デジタルヘルス開発支援/随時受付
デジタルヘルス分野に新規参入を試みる企業を、事業企画から、開発、流通までをワンストップで支援


<デジタルヘルス開発支援プロジェクト 詳細>

1.第1回医療DX講演会

このたび、医療DX講演会の第1回ゲスト企業(講演者)として、イーグロース株式会社に決定しました。

ご興味のある方は、下記URLからお申し込みください。

講師 イーグロース株式会社 代表取締役 今西 勁峰 氏
日時 2022年6月22日(水) 18時00分~19時30分(予定)
形式 オンライン開催(申込みいただいた方に参加URLをご連絡申し上げます)
参加費 無料(事前申込制) 定員:100名
申込みURL https://reg.canon-its.co.jp/public/seminar/view/17652

 

2.医療DX Forum

オンラインの講演会だけでなく、年に一度リアルな講演会を開催します。
詳細は、内容確定後に改めてお知らせします。


3.デジタルヘルス開発相談会

IT技術を有するキヤノンITSと、デジタルヘルスに精通したドクターズが、デジタルヘルス開発に関する個別
相談会を実施します。ご希望の方は下記URLからお申込みください。

https://reg.canon-its.co.jp/public/application/add/17757


4.デジタルヘルス開発支援

ドクターズの医師・コメディカル・患者ヒアリング支援やレピュテーションリスク対策支援を含めた企画立案のコンサルティング、並びにキヤノンITSの医療情報ガイドライン適合性診断、関連文書作成支援を始め、デジタルヘルスサービス基盤・医療情報クラウド基盤構築(キヤノンITS提供)、パイロット・臨終研究支援や医療機器認証取得支援(ドクターズ提供)など、医療全般のライフサイクルをカバーする各種サービスをトータルで提供します。

図2:ドクターズ・キヤノンITSの提供サービス例

 



<ドクターズ と キヤノンITSの協業体制>

本協業では、医療の知見を持つドクターズが医療現場に即した事業戦略を立案し、またAWSなどのクラウド上での3省2ガイドライン対応に知見を持つキヤノンITSがガイドライン準拠のシステムを構築し、医療情報ガイドラインの適合性診断や関連文書作成支援などを提供します。これにより、医療業界におけるDX実現に向けて、医療現場で容易に利用ができるデジタルヘルスサービスを支援します。

図3:キヤノンITS と ドクターズの協業体制

 

【ドクターズ株式会社 概要】
会社名:ドクターズ株式会社
代表者:代表取締役社長兼CEO 柳川 貴雄
所在地:〒105-0011東京都港区芝公園2-3-6 PMO浜松町II 5階
設立:2019年10月
事業内容:独自のガイドラインに基づく現役エキスパート医師のネットワーク(現在600名超)を活用し、デジタルヘルスサービス事業化支援「Doctors Cloud®」、医療DX・デジタルヘルス総合支援サービス「Doctors Next®」、医療連携型オンライン医療支援サービス「Doctors Station®」等を提供
URL:https://prd2.doctors-inc.jp/cms/renew21【キヤノンITソリューションズ株式会社 概要】
会社名:キヤノンITソリューションズ株式会社
代表者:代表取締役社長 金澤 明
所在地:〒108-0075 東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー
設立:1982年7月
事業内容:SIおよびコンサルティング、各種ソフトウエアの開発・販売.
URL:https://www.canon-its.co.jp/

※アマゾン ウェブ サービス(AWS)は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
※記載されている会社名、製品名、サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

 

 

ドクターズとZoomが提携し、
医療用ビデオコミュニケーションプラットフォームの開発を開始
~医療環境に適応したセキュアなビデオテクノロジーにより、
医療業界全体を繋ぐコミュニケーションを実現~

デジタルヘルスサービスの開発・事業化、流通・販売、医療連携型オンライン医療支援等をワンストップで提供するドクターズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:柳川 貴雄、以下ドクターズ)は、ZVC JAPAN株式会社(親会社:Zoom Video Communications, Inc. 本社:サンノゼ市、カリフォルニア州、米国、代表取締役CEO:Eric S. Yuan、ジャパンカントリーゼネラルマネージャー:佐賀 文宣、以下Zoom)と提携し、医療業界全体を繋ぐコミュニケーションを実現するための医療用ビデオコミュニケーションプラットフォームの開発を開始いたしました。

 

ドクターズでは、これまで150社超の企業に対して、600名を超えるエキスパートドクターと連携し、医療現場に受け入れられる品質・医療水準・エビデンス性とビジネス収益性を兼ね備えたデジタルヘルスサービスの総合支援を提供してまいりました。一方、Zoomのビデオコミュニケーションは、これまで業種問わずグローバルに利用されており、安定的な通信サービスにおける豊富な運用実績を有しています。これらの両社の強みを融合し、ドクターズは、医療環境に適応したセキュアなビデオテクノロジーで医療業界全体を繋ぐ先進的な医療用ビデオコミュニケーションプラットフォームの開発を推進してまいります。

 

ドクターズがZoomのISVパートナープログラムに参加することで開発を開始した医療用ビデオコミュニケーションプラットフォームでは、患者向け、医療機関向け、企業向けに、オンライン医療支援サービスとデジタルヘルスサービスを提供するとともに、医療用に最適化されたビデオテクノロジーの利用が可能となります。これらにより、医療機関・患者間におけるオンライン医療相談やオンライン診療のほか、医療機器メーカー・製薬企業・医療卸等を含めた、BtoD(Business to Doctor)及びBtoB(Business to Business)による、医療業界全体を繋ぐ新しいコミュニケーションインフラを実現することが可能となり、社会の様々な医療シーンにおいて映像を用いた遠隔でのリアルタイムコミュニケーションを促進します。また、この医療用ビデオコミュニケーションプラットフォームは、従来のビデオ会議システムでは課題となっていたセキュリティ等の観点を踏まえ、3省2ガイドライン(注1)と、厚生労働省による「オンライン診療の適切な実施に関する指針」にも準拠したビデオコミュニケーション環境を実現します。

 

(注1) 厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」、経済産業省・総務省の「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」のことで、医療情報を取り扱う事業者が準拠すべき医療情報の保護に関するガイドライン

 

図:ドクターズ powered by Zoomによる新しい医療用ビデオコミュニケーションプラットフォーム

 

■提携内容
医療用ビデオコミュニケーションプラットフォームを用いて、下記を推進してまいります。

(1) デジタルヘルス産業の振興・支援に関すること
(2) 医療機関、製薬、医療機器含む幅広い業界分野における生産性向上に関すること
(3) 自治体の活性化や地域住民のヘルスケアに資すること
(4) 医療・ヘルスケアにおけるデジタルトランスフォーメーションに関すること

 

■医療用ビデオコミュニケーションプラットフォームの主な利用場面

・ オンライン医療相談での活用
・ オンライン診療での活用
・ オンライン服薬指導での活用
・ 医療機関における患者情報の連携及び共有
・ オンラインでの医薬品や医療機器等における使用方法の説明

 

ドクターズは、Zoomの高度な技術基盤を活用した医療用ビデオコミュニケーションプラットフォームの開発を推進することで、医療環境に適応したセキュアなビデオテクノロジーによる医療業界全体を繋ぐ新しいコミュニケーションを実現し、より一層社会に貢献してまいります。

 

【ドクターズ株式会社 概要】
会社名:ドクターズ株式会社
代表者:代表取締役社長兼CEO 柳川 貴雄
所在地:東京都港区芝公園2-3-6 PMO浜松町II 5階
事業内容:独自のガイドラインに基づく現役エキスパートドクターのネットワーク(現在約600名超)を活用し、デジタルヘルスサービス事業化支援「DoctorsCloud®」、医療DX・デジタルヘルス総合支援サービス「DoctorsNext®」、医療連携型オンライン医療支援サービス「DoctorsStation®」等を提供します。
URL:https://prd2.doctors-inc.jp/cms/renew21

 

【お問い合わせ】
ドクターズ株式会社
担当:プラットフォーム事業部 上松
TEL:03-6263-8871
Email:info@prd2.doctors-inc.jp

2月25日(金)15:00より 弊社代表柳川が「医療と介護の総合展 大阪」 にて講演いたします

2月25日(金)15:00より、弊社代表柳川が「医療と介護の総合展 大阪」(場所:インテックス大阪) にて講演を行います。

少子高齢化ならびにウィズコロナ時代において、デジタルヘルス開発が一気に加速しています。一方、実際の医療現場において本質的に役立ち、活用されているデジタルヘルスサービスはほんの一握りであり、一部サービスが限局した医療機関にて利用されているにとどまっている状況です。

本講演では、現役医師として、そしてヘルステック企業CEOとして、数多くのデジタルヘルスサービスの創出を支援してきた柳川が、その実績を基に、「本当に必要なデジタルヘルスとは何か」について語ります。

是非、ご来場ください。

 

日時 2022年2月25日(金)15:00~16:00(「医療と介護の総合展 大阪」は2月24日~26日 10:00~17:00にて開催)
会場 インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102)
講演タイトル 「現役医師が語る、ヘルステック第二章の幕開けと未来 ~150社以上のデジタルヘルス開発支援の現場から~」
講師 ドクターズ(株)代表取締役社長兼CEO
日本脳神経外科学会専門医
(一社) IoMT学会 創設者・理事
柳川 貴雄
講師について 2007年信州大学医学部医学科卒業。2009年信州大学付属病院にて初期研修過程終了。脳神経外科専門医・指導医資格取得。これまでに2500例以上の脳外科手術を執刀。2016年に一般社団法人IoMT学会を立ち上げ、理事就任。IoTと医療の連携の普及に努める。2018年7月からは、株式会社ZAIKENを創業。超小型遠隔連続心電図デバイスを用いた遠隔IoT連続心電図検査サービス「医心電診」を運営。2019年10月にドクターズ株式会社の事業を開始し、400名以上の専門医を中心とした日本初のシステムである、医療専門家クラウドソーシング事業を立ち上げ、超少子高齢化新時代に向けた医療のIT/IoT化を推し進めている。

 

 

◆ご聴講には事前の申込が必要です 。下記よりお申込みのうえご来場ください◆━━━━━

https://reed-speaker.jp/Seminar/20220224medi/top/

◆医療と介護の総合展とは?◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

https://qr.paps.jp/ZD3oT

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2022年10月開催の「医療と介護の総合展 東京」では
弊社主催 デジタルヘルスイノベーションフェア2022も開催いたします。ぜひご注目ください。

◆デジタルヘルスイノベーションフェア2022◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

https://www.medical-jpn.jp/hub/ja-jp/lp/dhe_fair.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ドクターズとGMOグローバルサインが提携し、医療用電子証明書・電子認証サービス「Doctors DX Security」の提供を開始

デジタルヘルスサービスの開発・事業化、流通・販売、医療連携型オンライン医療支援等をワンストップで提供するドクターズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO: 柳川 貴雄、 以下ドクターズ)は、GMOインターネットグループのGMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社の連結企業群のひとつで、電子認証サービスを展開するGMOグローバルサイン株式会社(代表取締役社長:中條 一郎、以下 GMOグローバルサイン)と提携し、デジタルヘルスサービスにおけるオンライン本人確認やセキュアな運用環境を実現する、医療用電子証明書・電子認証サービス「Doctors DX Security」を開発し、提供を開始いたしました。

図:Doctors DX Securityを活用したデジタルヘルス開発支援

 

超高齢化社会において、健康寿命を延伸し、医療費増大を抑制するためには、医療・ヘルスケアのイノベーションが不可欠となります。ICTを効果的に活用することで、病気の発症と重篤化の防止、効果的で効率的な診断・治療、質の高いケア等を実現することが期待されており、昨今のオンライン診療の規制緩和等によって、インターネット上での医師と患者のコミュニケーションや医療情報のやりとりが、今後活性化していくことが想定されます。こうしたデジタル医療・ヘルスケアサービスにおいては、機密性が高くセンシティブな情報を取り扱うため、システム面・運用面ともに高いセキュリティが求められます。

 

ドクターズでは、これまで150社超の企業に対して、400名を超えるエキスパートドクターと連携し、医療現場に受け入れられる品質・医療水準・エビデンス性とビジネス収益性を兼ね備えたデジタルヘルスサービスの開発を支援するサービス「Doctors Cloud™」を提供してまいりました。一方、GMOグローバルサインでは、SSLサーバ証明書をはじめとした各種電子認証事業を展開しており、これまで国内外・業界・官民の別を問わず多数の運用実績を有しています。これらの両社の強みを融合し、ドクターズとGMOグローバルサインは、医療現場・デジタルヘルスサービスの開発現場におけるセキュリティ向上を実現するため、デジタルヘルスサービスの開発時に必要なセキュリティリスク対策をサポートする「Doctors DX Security」を開発し、提供を開始いたしました。「Doctors DX Security」を活用することで、デジタルヘルスサービスの開発において最も重要となる、よりセキュアな開発環境を実現し、医療ならではのレピュテーションリスク対策や、医療業界の制度・慣習・構造に則ったIoTデバイスやソフトウェアのセキュリティ強化、オンライン本人確認の実装等を円滑に実現できるようになります。

 

また、ドクターズが推進するオンライン医療支援プラットフォームであるDoctors Station™への「Doctors DX Security」の組込みも両社で行ってまいります。

図:医療に対応した高度なセキュリティを実現するDoctors DX Security

今後も、ドクターズとGMOグローバルサインは、医療業界の制度・慣習・構造に則った、より安全で利便性の高いサービスを提供するとともに、デジタル医療・ヘルスケア分野の発展やセキュリティ向上に貢献してまいります。

 

■ドクターズが提供する「Doctors Cloud」について

「DoctorsCloud」は、400名超のエキスパート医師と、医療DXコンサルタントから成るチームが、企業や医療機関のデジタルヘルス開発を総合支援するサービスです。医療現場で真に受け入れられるサービスとするために必要なヒアリングやプロトタイピングをベースとした企画・開発支援や、既存のデバイスをクラウド化・サブスク化する事業化支援、病院やクリニックをフィールドにした臨床研究の実施から医療機器認証取得支援、論文・学会発表まであらゆるデジタルヘルス開発のプロセスをサポートします。
(URL:https://prd2.doctors-inc.jp/cms/renew21/service/doctors-cloud/

 

■GMOグローバルサインが提供するのデジタルヘルスセキュリティについて

GMOグローバルサインのSSLサーバ証明書やアクセス認証、電子署名・ID管理等のセキュリティ技術を、企業や医療機関が構築しているオンライン診療やIoMTのシステムに組み込むことで、強固な認証を実現するとともにセキュリティ強化を図ることができます。「ドクターズDX Security」では、GMOグローバルサインの各種セキュリティ技術を採用しており、サービス接続認証と安全なオンラインでの本人確認、診療情報や決済情報の安全な送受信、診療明細書や処方箋の改ざん、なりすまし防止などの機能が実装されています。

 


 

【ドクターズ株式会社 概要】
会社名:ドクターズ株式会社
代表者:代表取締役社長兼CEO 柳川 貴雄
所在地:東京都港区芝公園2-3-6 PMO浜松町II 5階
事業内容:独自のガイドラインに基づく現役エキスパートドクターのネットワーク(現在約400名超)を活用し、デジタルヘルスサービス事業化支援「Doctors Cloud™」、医療DX・デジタルヘルス総合支援サービス「Doctors Next™」、医療連携型オンライン医療支援サービス「Doctors Station™」等を提供
URL:https://prd2.doctors-inc.jp/cms/renew21

【GMOインターネット株式会社】
会社名:GMOグローバルサイン株式会社
代表者:代表取締役社長 中條 一郎
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス
事業内容:電子認証サービスが登場し始めた1996年より、ベルギーでのサービス提供を開始し、ルート認証局として10年以上の経験と、累計2,500万枚以上の電子証明書発行実績があります。SSLサーバ証明書をはじめとする各種電子証明書・認証ソリューションは、これまで世界各国の様々な業種・業態の企業・団体様にご導入いただいております。
URL:https://jp.globalsign.com/

 

■お問い合わせ
ドクターズ株式会社
担当:プラットフォーム事業部 舘谷
TEL: 03-6263-8871
Email: info@prd2.doctors-inc.jp

RX Japanとドクターズ「デジタルヘルス イノベーション フェア 2022」を共催決定・出展企業の募集を開始
~当フェア限定「特設ステージ講演」「プロモーション支援」等の特典付き~

ドクターズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:柳川 貴雄、以下「ドクターズ」)とRX Japan株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田中 岳志、以下「RX Japan」)は、2022年10月12日(水)〜2022年10月14日(金)に幕張メッセで開催される「メディカルジャパン」にて、特別展「デジタルヘルス イノベーション フェア 2022」を共催することが決定いたしました。

特別展・デジタルヘルス イノベーション フェアは、2021年度、1.5万人超の医師及び医療関連企業が来場した日本最大の医療展示会「医療と介護の総合展」において、RX Japanとドクターズが共催する、“デジタルヘルス”に特化したパビリオンです。出展企業は、オンライン診療、AI問診、治療用アプリ、業務改善のためのIoTサービス、医療ロボット、ウェアラブルデバイスなど、最新技術を活用した様々なサービスを出展することが可能です。

 

 

これまでの医療と介護の総合展では、病院・介護・クリニック・薬局・感染対策等に関わる製品・サービスが軒を連ねましたが、超高齢化社会による医師不足への対応やコロナ感染対策に係るIOT活用の重要性の観点から、デジタル領域に特化したパビリオンを打ち出し、当パビリオンだけの特設ステージ講演やプロモーションを実施する等、企業が一丸となってよりインパクトのある形で“デジタルヘルス”を訴求することで、日本の医療関係者や関連企業にその重要性を少しでも感じていただき、日本医療の底上げや、新たなサービスの可能性を醸成することが目的です。

また、2021年の出展企業各社においては、初開催ながら、各社が設定した商談数や営業継続率等のKPIを大幅に上回った等、高いご評価をいただくことができました。今年度もRX社の有する高い集客力やコンテンツ力、幅広いネットワークと、ドクターズが有する400名超のエキスパートドクターの医学的知見や医療現場目線を活用し、医療関係者にとって魅力的な場づくり・集客・商談支援を実施してまいります。

 

■開催概要

開催期間 2022年10月12日(水)〜2022年10月14日(金)10:00〜17:00
会場 幕張メッセ
主催 RX Japan株式会社 / ドクターズ株式会社
特設サイト https://www.medical-jpn.jp/hub/ja-jp/lp/dhe_fair.html
問合せ先 問合せ先:ドクターズ株式会社 デジタルヘルスイノベーションフェア 事務局
〒105-0011 東京都港区芝公園2-3-6PMO浜松町Ⅱ 5階
TEL:03-6263-8871 E-mail:c.tachiya@prd2.doctors-inc.jp(担当:舘谷ちひろ)

 

■本フェアの特徴

1.特設ステージ講演 出展企業はメイン通路直結の特設ステージにてご講演いただくことができます。2021年は病院の理事長、院長、事務局長など、1講演当たり50名超がご聴講されました。
2.プロモーション支援 当フェア特設サイト(https://www.medical-jpn.jp/hub/ja-jp/lp/dhe_fair.html)上に出展企業紹介ページを作成のうえ、1.5万人超の来場申込者へプロモーションメールを配信し、出展内容や特設ステージでの講演内容を告知します。
3.同時開催展による
幅広いターゲットに訴求
病院・介護・クリニック・薬局・感染症対策に関わる製品・技術・サービスが一堂に出展しているため、幅広いターゲットへ訴求することができます。

 

※出展枠には限りがあるため、出展をご検討されている企業様はお早めにお問い合わせください。

 



【ドクターズについて】
会社名:ドクターズ株式会社
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 柳川 貴雄
所在地:東京都港区芝公園2-3-6 PMO浜松町II 5階
設立:2016年9月(事業開始:2019年10月)
事業内容:弊社は“医師の力✕ITの力“で、地域医療の発展と医療のデジタル化を加速させる「オンライン医療支援プラットフォーム」の構築を目指しています。専門医を中心とした400名超のエキスパートドクターと医療・ヘルスケア事業に精通したコンサルタントが、デジタルヘルスケアサービスの企画・開発から医療機関への流通・販売までをワンストップで支援し、出口戦略のある本格的なデジタルヘルスケアサービスの事業化と持続性のあるデジタルヘルスビジネスを実現します。弊社では、独自の審査基準とガイドラインを定めており、これらにより選定されたエキスパートドクターがそれぞれの専門科や経験に基づいて医療のリアリティに沿ったサービス化ができるようアドバイスすることで、事業の成功確率を高めることができます。
URL: https://prd2.doctors-inc.jp/cms/renew21

 

【RX Japanについて】
会社名:RX Japan株式会社
代表者:代表取締役社長 田中 岳志
所在地:〒163-0570東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル18階
設立:1986年8月
事業内容:国内外あらゆる分野で年間300件を超える展示会及びセミナーの主催・企画・運営を開催し、各産業の発展と日本経済の活性化に貢献してきた日本最大の見本市開催企業です。
URL:https://www.rxjapan.jp/