Experts

ドクターズの医師・専門家紹介ページ

  1. HOME
  2. 医師・専門家紹介
  3. 世界脳神経外科学会連盟 名誉会長

小林 茂昭
脳神経外科医

世界脳神経外科学会連盟 名誉会長

学歴
1963年 信州大学医学部 卒業

脳神経外科を専攻し、メイヨー・クリニックに留学。帰国後、信州大学医学部杉田虔一郎教授の准教授として脳神経外科の手術・研究に従事。また、ロボット手術の機械を開発し、脳深部の腫瘍や動脈瘤の新たな手術方法を考案するなど脳外科分野の発展に大きく貢献した。日本脳神経外科コングレス、日本脳神経外科学会会長等多くの学会長を歴任。米国脳神経外科学会の「国際功労賞」を日本人として初めて受賞。世界脳神経外科学会連盟名誉会長を務め、世界的な医療普及活動にも尽力。
経歴
世界脳神経外科学会連盟 名誉会長
日本脳神経外科学会 名誉会員
信州大学名誉教授

2018年 同・医学研究センター名誉顧門、脳卒中・脳神経センター名誉センター長 、地域医療支援センター塩尻診療所長
2006年 社会医療法人財団慈泉会相澤病院・理事、医学研究研修センター長、脳卒中・脳神経センター長
2003年 小諸厚生総合病院 院長
1989年 信州大学脳神経外科 教授
1971年 メイヨー医科大学院 卒業
主な受賞歴
オーストラレーシア脳神経外科学会ジャミセン・メダル
メイヨー・クリニック学術業績功労賞
米国脳神経外科学会国際功労賞(日本人初受賞)
日本脳神経外科学会齋藤眞賞国際賞
信毎賞